FreeBasicによるOWLIFTサンプルプログラム

(有)ケプストラムの山口様からFreeBasicによるOWLIFTのサンプルプログラムを頂きましたので紹介します。

OWLIFT SDKにはRawデータから画像に変換するAPIがありますが、このプログラムは自前でRawデータからグレースケール画像に変換して表示します。

最低温度のピクセル値を基準にしたゲイン制御なので、OWLIFT SDKに含まれる最低・最高の両方を基準にしたAGCより、落ち着いた色の変化をする傾向にあります。スペースキーを押下すると色の強度が変化します。

freebasic-sample

ダウンロードファイルには、ソースコード付きの単純なサンプルプログラムと、ソースコードなしの時間軸平均によるノイズ除去フィルタを実装した実行ファイルが含まれます。

FreeBasicはオープンソースのBasicコンパイラで、Windows、Linuxなどで動作します。このプログラムはWindowsでしか試していませんが、Linux でも動作すると思います。

プログラムのダンロードはこちらから

前の記事

Vision Stuttgart

次の記事

OWLIFTの保護窓の研究