技術
低温度の疑似黒体

[:ja]サーマルカメラの実験のために0~100℃程度の疑似黒体が必要なので、ペルチェ素子を使っています。 しかしペルチェ素子を室温より低い温度にしようとすると、排熱が間に合わずに数度程度低くなるだけでした。 目標は室温 […]

続きを読む
技術
Raspberry Piで温度センサADT7410を使用

秋月電子で購入した温度センサADT7410のモジュールをRaspberry Piに4個I2C接続して、温度を取得できるようにしました。サーマルカメラの実験において室温を測定するために使用します。 Raspberry Pi […]

続きを読む
技術
USBディスクリプタ解析ツール USB Device Tree Viewer

ディスクリプタの解析にはUSBプロトコルアナライザが有用ですが、簡易的な解析であればUSB Device Tree Viewerが便利です。ここではUSB Device Tree Viewerの使い方を説明します。 ダウ […]

続きを読む
技術
温度センサ評価モジュールの加工

[:ja]サーマルカメラを用いた実験で、熱電対とデータロガーの代わりに温度センサの評価モジュールを使用することにしました。 温度センサはLMT70という小型・高精度のもので、このセンサの評価モジュールがLMT70EVMで […]

続きを読む
技術
ペルチェ素子による疑似黒体

[:ja]サーマルカメラの温度出力を補正するための実験器具を製作しています。 黒体炉を用いたいのですが、黒体炉ほどの機能を必要としていないので代替品を考えていました。 そこでペルチェ素子、黒体テープ、ヒートシンク、直流安 […]

続きを読む
技術
OWLIFTCapの放射率と温度の関係

[:ja]OWLIFTCap上の温度は[温度マーカの設定]における放射率により補正された値が表示されています。放射率で補正すると温度が高くなります。 OWLIFT SDKのツールやサンプル(OWLIFTDumpやOWLI […]

続きを読む
技術
OWLIFT Type-A/B 温度テーブルの違い

[:ja]OWLIFT Type-AとType-Bの温度テーブルには違いがあります。 Type-A ... 温度値が「ケルビンx100」で格納されます。 Type-B ... 温度値が「ケルビンx10」で格納されます。 […]

続きを読む
技術
OWLIFTの保護窓の研究

[:ja]OWLIFTは内蔵している赤外線センサモジュールの外側に保護窓を付けていません。そのため、防水・防塵の対策ができていないのがOWLIFTの弱点の一つです。 これを改善したく研究を進めていますが、遠赤外線カメラの […]

続きを読む
技術
FreeBasicによるOWLIFTサンプルプログラム

(有)ケプストラムの山口様からFreeBasicによるOWLIFTのサンプルプログラムを頂きましたので紹介します。 OWLIFT SDKにはRawデータから画像に変換するAPIがありますが、このプログラムは自前でRawデ […]

続きを読む
技術
OWLIFT - RAW録再機能

[:ja]小型サーマルカメラOWLIFT 用のアプリ OWLIFTCap Rev. 1.5.0.0 からRAW録再機能が追加されました。全ての温度情報を録画し、再生時に任意の箇所の温度を見ることができます。 字幕を有効に […]

続きを読む