SWのデバイス管理

USBシステムは3つのレイヤ(Phisical層、Link層、Protocol層)からなり、規格書でも詳細に解説されています。しかしUSBデバイスコントローラデバイスを使用するSW開発者はこれらレイヤの細かい内容の知識は求められません。ここではUSBシステムを開発するSW担当者に求められるUSB規格について説明します。

SW開発では、以下4つの管理レイヤを理解する必要があります。これらレイヤは、デバイス側(ファームウェア)と、ホスト側(デバイスドライバ)の通信方法を定義します。

SW 4 layer
レイヤ概要
DeviceUSB Device全体を示す、1つしか持てない
Configuration一連の動作の集まり、Device内に1つ以上持つ
複数のConfigurationは同時動作できない
InterfaceホストSW(デバイスドライバ)が通信を行う機能の単位、Configuration内に1つ以上持つ、複数のInterfaceを持つデバイスをマルチファンクションデバイスと呼ぶ
EndpointSWが取り扱う通信路、Endpoint0のみ各Interfaceで共有される

前の記事

USBデバイスクラス